東京オートサロン-ついにミッドシップ化した新型シボレー コルベットが日本で初お披露目

1月10日(金)より幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」。carview!は注目のブースや車種を紹介します。※一般公開日は11(土)・12(日)

GMブースの目玉は昨年夏にフルモデルチェンジを果たしたアメリカンスーパーカーの雄、8世代目の「シボレー コルベット」です。新型はついに駆動方式をFRからミッドシップへとチェンジ。また、右ハンドル仕様が初めて設定されるなど、日本のファンにとっても注目の一台となっています。※今回展示されているのは北米仕様の左ハンドル車。日本仕様は右ハンドルを予定。

外装ではミッドシップならではの低く抑えられたボンネットや、フロント寄りになったキャノピー、戦闘機を思わせるボディサイドに大きく空いたエアインテーク、ミッドに積まれた新型エンジンを見渡せるガラス製リアハッチなどが特徴です。

内装ではフルデジタル化されたメーターやさらにドライバー中心の設計を強めた近未来的なコックピット空間に注目。ATセレクターも機械的なインターフェースをもたない電子制御式となっています。

ドライサンプされるLT2と呼ばれる新型6.2L V8エンジンはエントリーグレードでも495hpと637Nmを発生し、シボレー初の8速DCTトランスミッションが組み合わされています。Z51パッケージ装着時の0-60マイル/h加速は3秒以下となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です