5ナンバーサイズのコンパクトボディにアクティブなSUVらしさを表現

SUVらしい頼もしさをコンパクトなボディに描いてみせた「ダイハツ ロッキー」。2019年秋の東京モーターショーで初披露されて以来、すでにスマッシュヒットを飛ばす勢いを感じさせているコンパクトSUVだ。

人気の秘密はいくつか存在するが、先ず注目したいのは、SUVらしいアクティブなスタイリング。全長は4m未満の3995mm、全幅は1695mmというコンパクトSUVの中でも珍しい5ナンバーサイズに収めながら、大型のフロントグリル、角張ったバンパーコーナー、足下には大径タイヤで踏ん張り感を与えることで、力強さとワイド感を強調している。

さらに、上級モデルにはフルLEDのヘッドランプやハイビームとロービームを自動的に切り替えて、対向車が眩しくないようにランプの照らしかたをコントロールするアダプティブドライビングビームを採用。さらに、右左折時にウィンカーが流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを採用するなど、視認性の高さと先進感も備わっている。

ボディカラーは全部で11種類。8色のモノトーンカラーに加えて、ルーフとドアミラーがブラックマイカメタリックとなる3タイプの2トーンカラーを設定(X、Lグレード除く)。なかでも、ダイハツの専用色となるコンパーノレッドは、ダイハツ初の小型乗用車として知られるコンパーノ ベルリーナに由来するもので、イタリア語で仲間を意味する。陽射しを浴びると朱色に輝くダイハツらしい元気なイメージのカラーに仕立てられている。

ダイハツ ロッキー G 2WD(ブラックマイカメタリック×コンパーノレッド)
PremiumとGグレードは標準で17インチタイヤが装着されている。コンパクトでありながら、SUVらしい頼もしさを感じさせるスタイルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です