新型肺炎 中国の死者132人に 感染者5974人、SARS突破 チベットで確認

このうち重症者は1239人に上る。チベット自治区でも初めて患者が確認され、全31省・自治区・直轄市に感染が拡大した。

 2002~03年に中国から海外に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)では、中国の感染者は5327人とされ、新型肺炎の感染者は29日までにこれを上回った。SARSの世界の累計感染者数は8000人余り。

 新型肺炎の死者132人の内訳は、湖北省125人(うち武漢市104人)、河南省2人、北京市、上海市、河北、黒竜江、海南の各省が1人。

 中国疾病予防コントロールセンターの馮子健副主任は国営中央テレビの取材に、患者1人が平均2、3人に感染させる能力があると指摘。新型肺炎の感染拡大のペースは「SARSと比べても速い」との見方を示した。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です