【トヨタ カローラ AE82】メカニズム刷新!FFで登場したスポーツセダン

5代目カローラに初登場!満を持して誕生したFF車

トヨタ カローラ ae82
画像の個体は1984年式「カローラ セダン 1600GT ツインカム16」

5代目カローラは1983年のデビュー。1966年に初代が誕生してから4代にわたり爆発的ヒットを飛ばし、大衆車の代名詞と言っても過言ではない盤石の地位を確立していました。しかし、市場では居住性・軽量化などに有利な前輪駆動車(FF)が台頭。トヨタもタ―セル・コルサに初搭載したのを始まりに、ビスタ・カムリへと幅を広げ、ついにカローラへの搭載を決定。5代目のセダン・リフトバックに採用されることとなりました。また、レビンはスポーツ性重視の観点から従来通り後輪駆動(FR)としています。

トヨタ カローラ ae82

5代目カローラのボディバリエーションは、先代まで展開されていた2ドアセダン・3ドアリフトバックが廃止され、4ドアセダン・5ドアリフトバックがラインナップ。さらにカローラレビンとして2ドアクーペ・3ドアハッチバッククーペがラインナップしました。なお、バン・ワゴンも展開されましたが、これらは5代目を名乗らず、4代目のマイナーチェンジとした扱いとしています。5代目カローラは1985年ビッグマイナーチェンジを実施。1987年5月、6代目カローラにバトンタッチをしています。

「5代目カローラ AE82」見た目はノーマルで実にシンプル

トヨタ カローラ ae82
トヨタ カローラ ae82

5代目カローラには名機と呼ばれるトヨタの4A-G型エンジンを搭載するセダンが存在。そのセダンこそが1984年に一足遅れて追加された「カローラ セダン 1600GT ツインカム16」です。この通称AE82型セダンの誕生には、当時賑わいを見せていた小型ハッチバック市場にトヨタが投入した派生車種「カローラ FX」が深く関わっています。FXに設定されたレビン同等のパワーを持つホットモデル「1600 FX GT」用のエンジンを、セダン型に搭載したモデルがAE82型カローラとなるのです。

トヨタ カローラ ae82

AE82型セダンのデザインは、シンプルで硬派なスラントノーズに角型2灯のヘッドランプを持つボクシーなスタイル。バンパーはボディと同色の樹脂製、ミラー

もドアミラーが採用されるなどノーマルグレードと変わりなく、唯一、リアに「GT TWIN CAM 16」のバッジが入れられ、他グレードとの差別化が図られました。内装ではFF車のメリットを最大限に利用し、低床化とフラットな床面を実現。室内も広く快適な居住空間を確保しています。

カローラ AE82型は名機エンジン搭載のホットセダン

トヨタ カローラ ae82
個体はマニュアルとなるが、クラス初の電子制御式4速ATも装備
トヨタ カローラ ae82

カローラ AE82型セダンのメカニズムでの特筆すべき点は、何といっても歴代初となる前輪駆動(FF)が採用されたことでしょう。エンジンは1.6L 直列4気筒DOHCの4A-GELU型。この4A-G型エンジンは、カローラレビンではエンジンを縦置き、AE82型セダンでは横置きとされました。サスペンションはフロント・リアともストラット式で4輪独立懸架を採用。最高出力は130psを発揮するホットセダンとなりました。ちなみに、この記事で使用する画像の個体は、まさに1984年に誕生した「カローラ セダン AE82型」です。

トヨタ カローラ ae82

参考までに紹介すると、セダン AE82型が誕生するきっかけとなったカローラ FXのホットハッチである1600 FX GTは、国産初の2ボックスDOHC搭載モデル。当時のグループAレーシングマシンとしても活躍し、全日本ツーリングカー選手権ではシビックと激戦を繰り広げたことでも知られます。1600 FX GTと同じエンジンを搭載したAE82型カローラセダンは、ハイパワーエンジンと居住性の高さを併せ持った名モデルと言えるでしょう。

5代目カローラ AE82は流通するだけで超稀少!

カローラ AE82型セダンは、カローラレビンのようなメジャーモデルと違い、ある意味知る人ぞ知る存在。そのため、解体されてしまったケースも多く今では中古車市場に流通するだけで超稀少なモデルとなっていて、現在、流通している中古車は存在しません。(2019年12月時点)

5代目カローラ AE82のスペック詳細

下記のスペックは1984年発売の「カローラ セダン 1600GT ツインカム16」のものです。

エンジン:1.6L 直列4気筒DOHC(4A-GELU型)
最高出力:130hp/6,600rpm
最大トルク:15.2kg・m/5,200rpm
ボディサイズ:全長 4,235mm 全幅 1,655mm 全高 1,380mm
ホイールベース:2,430mm
車両重量:930kg
トランスミッション:4速AT/5速MT
駆動方式:FF
乗車定員:5人
新車時車両価格:-

*本記事の画像は2019年9月にMEGA WEB トヨタ シティショウケースにて開催された新型カローラ・カローラ ツーリング メディア発表会にて撮影

BRZ STI Sport GT コンセプトのモチーフはスーパーGTマシンにあり – 東京オートサロン

1月10日(金)より幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」。carview!は注目のブースや車種を紹介します。※一般公開日は11(土)・12(日)

スバル「BRZ STI Sport GT コンセプト」は、スーパーGTに参戦している「BRZ GT300」をモチーフにしたフロント&リヤスポイラー、スワンネックドライカーボンリヤスポイラーなど、STIのスポーツパーツを多数装着しています。

外装は専用色の「ギャラクティック ダブリュアールブルー メタリック」に塗られ、内装は「専用RECAROシート」など、シルバーとレッド基調としたことでそれまでのSTIモデルの雰囲気を継承したものになっています。

2012年、トヨタとスバルが共同開発して登場したBRZももうすでに8年目。スバルの新プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」の評価が上々なだけに、次期BRZが登場し採用されれば、高いレベルのスポーツモデルになる可能性も秘めており、この共同開発が引き続き行われるのか気になるところです。

5ナンバーサイズのコンパクトボディにアクティブなSUVらしさを表現

SUVらしい頼もしさをコンパクトなボディに描いてみせた「ダイハツ ロッキー」。2019年秋の東京モーターショーで初披露されて以来、すでにスマッシュヒットを飛ばす勢いを感じさせているコンパクトSUVだ。

人気の秘密はいくつか存在するが、先ず注目したいのは、SUVらしいアクティブなスタイリング。全長は4m未満の3995mm、全幅は1695mmというコンパクトSUVの中でも珍しい5ナンバーサイズに収めながら、大型のフロントグリル、角張ったバンパーコーナー、足下には大径タイヤで踏ん張り感を与えることで、力強さとワイド感を強調している。

さらに、上級モデルにはフルLEDのヘッドランプやハイビームとロービームを自動的に切り替えて、対向車が眩しくないようにランプの照らしかたをコントロールするアダプティブドライビングビームを採用。さらに、右左折時にウィンカーが流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを採用するなど、視認性の高さと先進感も備わっている。

ボディカラーは全部で11種類。8色のモノトーンカラーに加えて、ルーフとドアミラーがブラックマイカメタリックとなる3タイプの2トーンカラーを設定(X、Lグレード除く)。なかでも、ダイハツの専用色となるコンパーノレッドは、ダイハツ初の小型乗用車として知られるコンパーノ ベルリーナに由来するもので、イタリア語で仲間を意味する。陽射しを浴びると朱色に輝くダイハツらしい元気なイメージのカラーに仕立てられている。

億万長者が愛するハイパーカー17台 堂々の1位は驚異の20億円越え

億万長者やトップスポーツ選手、ハリウッドスターが高級車に乗っている姿を見て、憧れを持つ人も多いだろう。では、数ある高級車のうち、最も高級な車はどのような車なのか。そんな疑問に答えるランキングが、米メディアのDigital Trendsによって2019年6月26日に発表された。ランクインした車トップ17を、価格・概要とともに紹介しよう。

 なお、このランキングは、近年に製造・販売された車に限定されており、オークションで販売されるクラシックカーは除外されている。また、価格の日本円表記は、1ドル110円で換算している。

GRヤリス世界初公開、Web予約開始。勝つための完全専用設計で396万円はバーゲン – 東京オートサロン

1月10日(金)より幕張メッセで開催の「東京オートサロン2020」。carview!は注目のブースや車種を紹介します。※一般公開日は11(土)・12(日)

1月10日、GRヤリスが東京オートサロンで世界初公開されました。昨年末にプロトタイプのインプレッションは解禁となっていましたが、価格やスペック情報がオープンになりました。

1月10日から6月30日まで限定されるWeb限定の特別仕様車の価格は「RZファーストエディション」が396万円、「RZハイパフォーマンス・ファーストエディション」が456万円。予想通りベース仕様車のスタート価格は400万円を切ってきましたが、このスーパー4WDスポーツの最大の目的である、WRCマシンのベース車に求められるホモロゲーションの規定台数が年産2万5000台と、それなりの大量生産であることを考慮したとしても、このスペックでこの価格はバーゲンということになりそうです。

新開発の1.6L直列3気筒ターボエンジンは272psと370Nmを発生。トランスミッションは6速MTのみで、さらに新開発の4WDシステム「GR-FOUR」が組み合わされます。タイヤサイズは前後225/40ZR18。

勝つために3ドア化まで施してルーフを低く抑えたボディはアルミ製前後フードやドアがおごられ、この価格で例のないカーボンルーフも採用。リアサスペンションは専用ジオメトリのダブルウィッシュボーンが組み込まれ、ローカルなレースであれば改造なしでそのまま出場しても勝てるレベルに仕上がっていると胸を張ります。ある意味、台数と期間限定で発売されたGRMNシリーズを超えるような手の込んだチューン。ちなみにトヨタはこの車のためにコンベアのない、高精度の組付け作業を可能にする専用の組み立てラインを元町工場に立ち上げています。

年末に行われたプロトタイプのインプレッションでは、レーシング体験の豊富なモータージャーナリストの五味康隆氏をして、6速MTのシフトノブの操作感だけで欲しくなったという代物。理想の走りに向けて最終的な調整が現在も行われているということですが、ノーマル/スポーツ/トラックと3つのモードが選べる新4WDシステムの完成度など、最終的な市販バージョンでのインプレッションも楽しみになってきました。