工賃を店舗別に徹底比較|持ち込みの相場や口コミなども【タイヤ交換】

持ち込みタイヤ交換工賃はどのぐらいかかる?


最近はネットで格安タイヤが販売されていることから、持ち込みでタイヤ交換してもらいたいと考える人も少なくありません。

タイヤ交換をおこなっている業者は、ディーラーやオートバックス、イエローハットなどのカー用品店とタイヤ館やマルゼンなどのタイヤ専門店やガソリンスタンドがあげられますが、自店でタイヤを購入してもらうほうが店にとって利益が出ることから「持ち込みのタイヤ交換は不可」としているところが多いです。

持ち込みのタイヤ交換が可能かをまずは店舗に問い合わせてください。持ち込みのタイヤ交換OKとしている店舗でも、工賃やトータルの費用が少し高くなる傾向があります。持ち込みでのタイヤ交換の相場はタイヤのサイズにもよりますが、4本交換しバランス調整もおこなって8000円〜。ここに廃タイヤ処分料が加算されます。

実際の持ち込みタイヤ交換工賃を大手チェーン店舗別に比較しまとめました。

タイヤ交換をする時期 2つの基準で判断する

スリップサインが見えたら交換

タイヤの溝は新品で約8mmありますが、走行によってタイヤは摩耗します。タイヤの溝が1.6mm程になると、タイヤの寿命を知らせてくれるスリップサインが見えます。タイヤの溝が1.6mm以下で走行すると、道路交通法違反になるだけでなく、命に関わる重大な事故を引き起こしかねません。

車種や運転の仕方、走行した道の状況などによって変動しますが、一般的に新品のスポーツ走行用ではないタイヤで30,000km走るとタイヤの溝が1.6mm程度まで摩耗すると考えられています。

消費期限がきたら交換

タイヤには消費期限があります。メーカーが推奨している消費期限は製造から4〜5年。スタッドレスタイヤの場合は、ゴムが柔らかく劣化しやすいので製造から3年といわれています。車を運転する機会がなくタイヤに摩耗が見られない場合でも、タイヤのゴムは日光や雨、車の重量などによって劣化するのです。

タイヤの製造年は、タイヤのサイドに数字で表示されています。タイヤのサイドに「2217」と表示されていたら、2017年の22週目に製造されたということです。
タイヤを購入するときやあまり乗っていない車がある場合は、タイヤの製造年にも注目してください。

【タイヤ交換】工賃を店舗別に徹底比較|持ち込みの相場や口コミなども

タイヤ交換の工賃を、オートバックスとイエローハットという大手チェーン店舗別に比較しました。バイクの場合やスタッドレスに履き替える場合、持ち込みの相場費用やお店の口コミまで完全網羅しています。

持ち込みタイヤ交換工賃はどのぐらいかかる?


最近はネットで格安タイヤが販売されていることから、持ち込みでタイヤ交換してもらいたいと考える人も少なくありません。

タイヤ交換をおこなっている業者は、ディーラーやオートバックス、イエローハットなどのカー用品店とタイヤ館やマルゼンなどのタイヤ専門店やガソリンスタンドがあげられますが、自店でタイヤを購入してもらうほうが店にとって利益が出ることから「持ち込みのタイヤ交換は不可」としているところが多いです。

持ち込みのタイヤ交換が可能かをまずは店舗に問い合わせてください。持ち込みのタイヤ交換OKとしている店舗でも、工賃やトータルの費用が少し高くなる傾向があります。持ち込みでのタイヤ交換の相場はタイヤのサイズにもよりますが、4本交換しバランス調整もおこなって8000円〜。ここに廃タイヤ処分料が加算されます。

実際の持ち込みタイヤ交換工賃を大手チェーン店舗別に比較しまとめました。

タイヤの選び方についてもチェック!

タイヤ交換をする時期 2つの基準で判断する

スリップサインが見えたら交換

タイヤの溝は新品で約8mmありますが、走行によってタイヤは摩耗します。タイヤの溝が1.6mm程になると、タイヤの寿命を知らせてくれるスリップサインが見えます。タイヤの溝が1.6mm以下で走行すると、道路交通法違反になるだけでなく、命に関わる重大な事故を引き起こしかねません。

車種や運転の仕方、走行した道の状況などによって変動しますが、一般的に新品のスポーツ走行用ではないタイヤで30,000km走るとタイヤの溝が1.6mm程度まで摩耗すると考えられています。

消費期限がきたら交換

タイヤには消費期限があります。メーカーが推奨している消費期限は製造から4〜5年。スタッドレスタイヤの場合は、ゴムが柔らかく劣化しやすいので製造から3年といわれています。車を運転する機会がなくタイヤに摩耗が見られない場合でも、タイヤのゴムは日光や雨、車の重量などによって劣化するのです。

タイヤの製造年は、タイヤのサイドに数字で表示されています。タイヤのサイドに「2217」と表示されていたら、2017年の22週目に製造されたということです。
タイヤを購入するときやあまり乗っていない車がある場合は、タイヤの製造年にも注目してください。

タイヤの寿命についてはこちら

オートバックスとイエローハットのタイヤ交換工賃比較 どっちが安い?


オートバックスイエローハット  
タイヤ交換1,080円〜 / 1本(バランス調整込み) 1,080円〜 / 1本(バランス調整込み) 
ゴムバルブ交換270円〜 / 1本270円〜 / 1本
窒素ガス充填540円〜 / 1本540円〜 / 1本
廃タイヤ処理270円〜 / 1本270円〜 / 1本

オートバックスとイエローハットのタイヤ交換工賃を比較してみましたが、定価が存在するのは店舗でタイヤを購入した際の料金のみでした。なおタイヤを持ち込んで交換してもらう場合は、店舗でタイヤを購入した場合の工賃と変わらない店舗から1本につき4000円程度かかる店まで費用は多種多様なようです。
なお、サマータイヤからスタッドレスタイヤなどへの履き替えに関しては具体的な金額が公式情報としては設定されておらず、店舗による差が大きい状態です。

上記表の工賃はすべて税込み価格で、2019年4月時点の値段です。また、店舗によって価格が異なる場合があるので利用する際には各店舗に料金を確認してください。

スタッドレスタイヤ履き替え工賃の相場


スタッドレスタイヤからサマータイヤの履き替え工賃の相場は、ホイール付きタイヤ4本で3,200円程度です。ホイールなしでタイヤのみの交換になると、タイヤの組み換えをおこなう必要がありますので、4本で8,000円程度にアップします。バランス調整は別料金(約4,000円〜 / 4本)になっていることが多いです。

また履き替えたタイヤの保管場所がない場合は、タイヤの保管サービスを利用する人も多いです。タイヤ4本で月額1,080円〜預かってくれるところもあります。